碁盤を囲んで

詩の碁の言いつつ、笑いを求め、碁友と遊ぶ日々。

人間は 勘冴えるパシッ!である。

『日本語オノマトペ辞典』を購入したとたんに、これだ。絶句の作法は、音合せを入り口とする。ならば必携と思い、ポチった。擬音語・擬態語は、掛詞の守備範囲を大いに広げる。 ”あれ?思う、ゆえに粗あり” の流れで、同郷のパスカルを転がしていた。ネタを…

会えて、よかった。

2011年暮れに、碁会所に貼り出したコピー。J-POPの王道手法をパクり、小田和正的こっ恥ずかしさで仕上げた。目的語を伏せると、受け手は自分の物語を想像できる。囲碁に、妙手に、名局に、棋友に、笑顔に、お店に、あたらしい自分に・・ 会えて、よかった。 …