碁盤を囲んで

詩の碁の言いつつ、笑いを求め、碁友と遊ぶ日々。

♪ 斜格子を君に

♪ 斜格子を君に 替えの詞が、出だしからドサッと降ってきたパターン。続きも、よどみなく浮かんで、あっという間にできた。宇多田さんの詞は研ぎ澄まされているから、こちらも言選りを尽くす。 きっかけは、ますださんの得意げなツイート。 連珠で、ケイマの…

恥の多いアタリを打ってきました。

>恥の多い生涯を送ってきました。 『人間失格』の冒頭、太宰治の独白と見まごうばかりの一文を思い起こすたび、恥について考えさせられる。そもそも、「恥」という行為があるのではなく、それを「恥」と思う私がいるだけだ。恥かしげもなく打っていたアテを…