碁盤を囲んで

詩の碁の言いつつ、笑いを求め、碁友と遊ぶ日々。

文学

恥の多いアタリを打ってきました。

>恥の多い生涯を送ってきました。 『人間失格』の冒頭、太宰治の独白と見まごうばかりの一文を思い起こすたび、恥について考えさせられる。そもそも、「恥」という行為があるのではなく、それを「恥」と思う私がいるだけだ。恥かしげもなく打っていたアテを…