碁盤を囲んで

詩の碁の言いつつ、笑いを求め、碁友と遊ぶ日々。

碁食う楽じゃ。

イ・オルデンバーグが『ザ・グレート・グッド・プレイス』で唱えた、自宅や職場とは隔離された居心地のよい第三の場所。その特徴は・・

・安い

・飲み食いできる

・近い、寄り易い

・習慣になる

・古い友人も新しい友人もみつかる

と、ある。

友人と会いたい、飲食できればうれしい、安くて近ければ習慣にしやすい、と。主役は人びと、空間はシンプルなほどよい。明るく清潔で、紫煙なく、化成品の芳香より脱臭を、BGMは無用、飲食メニューは少なめに。勝ち負けの緊張を和らげ、会話を促す仕掛けを控えめに添える。たとえば季節の花、珈琲のほのかな香り、軽いオチのある言葉。盤上の手談と、盤外の会話が、あたらしい友情をはぐくむ。

 

碁食う楽じゃ。

f:id:hexagoban:20160407202040j:plain

<碁会所は、セカンド・リビング・ダイニング>

f:id:hexagoban:20160211200510j:plain