読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

碁盤を囲んで

詩の碁の言いつつ、笑いを求め、碁友と遊ぶ日々。

キミの脳が汗をかき、ボクはココロで冷や汗をかく。

学園祭囲碁イベントのポスターに浮かべたコピー。その学科は囲碁が必修、毎年80名程度の学生が受講する。広いコンピューター教室にて教授考案のソフトウエアでルールを学び、棋士のアドバイスを受けながら問題演習へ進む。学生同士はネットワーク上でも打つ。全員がPCに向かっており、「対局」と呼ぶには奇異な光景だ。救いは2コマ目、本物の盤石に触れての対局があること。理学部とあって男女比は6:4、盤を挟む二人をイメージした。

 

キミの脳が汗をかき、ボクはココロで冷や汗をかく。

<季節が二人を変えてゆくコピー>