ろっかく。日記

詩の碁の言いつつ、何かで遊び、誰かと笑う、彩り時間。

藍を捌く

蓼藍の種蒔きは6月初旬、2週間ほどで苗ができた。

f:id:hexagoban:20200920221549j:plain

この苗から10本選んで植え付け、2週間毎に追肥を。

f:id:hexagoban:20200920221627j:plain

ベランダは高温になるので、生育がはやい。

植え付けから3ヶ月ほどで収穫を迎えた。

f:id:hexagoban:20200920221655j:plain

今年は生葉染めはせずに、発酵させることに。

一回目の収穫で、葉重量は200g。

トレイに広げて、屋内で乾燥させる。

f:id:hexagoban:20200920221747j:plain

2階の屋根に近いロフトは40℃近くまで室温があがるので、一日で乾燥完了。

この時点で重量はおよそ5分の1に。

f:id:hexagoban:20200920221823j:plain f:id:hexagoban:20200920221850j:plain

揉むと、太い葉脈が分離できる。

f:id:hexagoban:20200920221923j:plain f:id:hexagoban:20200920221952j:plain

葉の部分が40gとれた。葉脈部分は、発酵に無関係かわからないので、保存しておく。刈りとった残りの藍は脇芽も出ていて、あと一回は収穫できそう。